太りにくい体質にするために筋肉を付けることは大事

ちょっと食べたら太る、ちょっと気を抜いただけで太る、太りやすい体質になっていないでしょうか?太りにくい体質にするために、かなり重要になるのが代謝。代謝と深い関係生があるのが筋肉です。

筋肉をしっかりつければ太りにくい体になる

筋肉が多ければ多いほど、太りにくくなるって話聞いたことがありませんか?

まさにそのとおりで筋肉量が多ければ多いほど太りにくくなります。

筋肉を動かすためには、エネルギーが必要になります。摂取したエネルギーを消費さえすれば太らないことになります。筋肉を動かして消費するエネルギーは筋肉が多ければ多いほど消費エネルギーはアップします。

例えば、ランニングなどの運動を筋肉量が少ない人、多い人と比べるとこんな感じになります。あくまでも例えですので、数字は適当に書きます。

■ 1時間あたりのエネルギーの消費量

  • 筋肉量が少ない人:消費量40
  • 筋肉量が多い人:消費量80

2倍ほどまで違うか分かりませんが、1.7倍ぐらい違うようになってくると思います。筋肉量を1キロ増やせば基礎代謝は13キロカロリーアップすると言われています。

ダイエットと基礎代謝に大事なことは筋肉。ただ、カロリー計算ダイエット、糖質制限ダイエットも大事だけど、筋肉量を増やすこともダイエットには必要不可欠なのです。

筋肉量を増やすためにはやっぱり運動は必須

筋肉量を増やすためには、やっぱり運動は必須です。運動は苦手だから飲むだけダイエットとか、置き換えダイエットとかしている人がかなり多いですが、これらのダイエットをしている方は、いつかリバウンドします。

筋肉量を増やすためにも、ダイエットを成功させるためにも運動は必須条件です。楽してダイエットをしている、またはこれからしようと思っている方は、辞めることをおすすめします。

今はやっている飲むだけダイエットとか着るだけダイエットとはあんまりおすすめしません。

例えば、HMBサプリ。男性は筋トレ後にHMBサプリを飲んで筋肉のために飲む方がほとんどだと思いますが、女性の場合HMBを飲むだけで痩せると勘違いしている方が圧倒的に多いです。

HMBサプリやダイエットサプリはあくまでも補助的な役割です。後着るだけで痩せる。これも気をつけないと筋肉が変についていしまう可能性があるとも言われております。

着るだけで痩せるといえば、加圧シャツがあります。加圧シャツは着るだけで加圧トレーニング効果が期待できると言われておりますが、着るだけで加圧トレーニング効果も期待できますが、あくまでトレーニング効果をアップさせるための加圧シャツだと思います。

俺の加圧シャツドットコム」でも書かれていますが、加圧シャツを着ないより着た方がいいと思いますが、加圧シャツの効果だけに頼り過ぎるのはよくないってことです。

筋肉をつければ太りにくくなるのまとめ

  1. 筋肉をつければエネルギー消費量も上がる
  2. 筋肉を付けるためには運動が必須条件
  3. 飲むだけダイエット、着るだけダイエットに頼りすぎないように

最近太りやすくなったなぁ…とかちょっとダイエットをサボったらすぐ太ってしまうなどの状態に悩まされているなら筋肉を付けるようにしてみてください。

筋トレ女子、筋肉がちょっとついている女子が流行っています。筋肉が付いている体があんまり好きじゃないから、筋トレは控えているって方もいるかもしれませんが、男性より女性の体は筋肉がつきにくい体です。

ちょこっと筋トレするぐらいだったらムキムキになることはまぁないでしょう!ダイエット目的も大事。しかし、ダイエットには筋肉が大事。ダイエットをするためにも筋肉量をアップしていきましょう!